自由が丘のエステ&アロマ・サロン、アロママッサージ、リンパドレナージュ、フェイシャル|目黒、エフェクティブタッチ
価格表 | アクセス・お問い合わせ 
HOME > 私たちのサロンについて
自由が丘のエステ&アロマ・サロン、アロママッサージ、リンパドレナージュ、フェイシャル|目黒、エフェクティブタッチ

アロマテラピーの歴史は遠く古代にまでさかのぼります。
人々は植物の持つ力を活用し現代まで受け継がれてきました。 香りは人のココロとカラダにダイレクトに作用する一面を持っています。 ストレスの多い生活に香りを上手に取り入れて癒しやリラックスを得ることが現代のアロマセテラピーの発展に繋がっているのかもしれません。
ここでは各精油(=エッセンシャルオイル)の特性や活用方法について解説していきます。
まずは自分の好きな香りを生活に取り入れてみる事から始めてみましょう。




ローズマリー・シネオールについて
自由が丘のエステ&アロマ・サロン、アロママッサージ、リンパドレナージュ、フェイシャル|目黒、エフェクティブタッチ

▲PAGETOP




1. 学名/科名

Rosemarinus officinalis/シソ科

▲PAGETOP




2.抽出方法/抽出部位

水蒸気蒸留法/花、茎、葉

▲PAGETOP




3. 原産地

モロッコなど

▲PAGETOP




4. 主な化学組成

ボルネオール(モノテルペンアルコール)、カンファー(ケトン)、α-ピネン(モノテルペン)、β-ピネン(モノテルペン)1,8シネオール(酸化物)、(セスキテルペン)など

▲PAGETOP




5. 作用

抗炎症作用、免疫調整作用、鬱滞除去作用、コーチゾン様作用、抗ウィルス作用、抗菌作用、強壮作用、筋肉弛緩作用、血圧上昇作用、粘液溶解作用、頭脳明晰化作用、胆汁分泌促進作用、去痰作用、瘢痕形成作用、抗カタル作用など

▲PAGETOP




6.特性や活用方法

精油名の由来はラテン語で「海のしずく」を意味する「ロス・マリヌス」からきています。これは、ローズマリーが水辺を好むことから由来すると言われています。また「マリア様のバラ」というニックネームもあります。
ローズマリーは優れた殺菌効果が発見されてから病室でたかれるようになりました。ペストが流行した1348年には感染予防と病人の消毒の為にアンジェリカ、ラベンダー、レモンと同様に使われました。 またハンガリアンウォーターの主要成分としても有名で高齢になったハンガリー王妃がこれをフェイスウォッシュに使ったところ若々しさを取り戻したということです。今も肉料理などに香り付けとして使われ家庭で育てていることが最も多いハーブのひとつです。
香りはすっきり爽やかなハーバル調であり、スパイシー調をも思わせます。

【活用方法】
風邪やインフルエンザなどの感染予防に役立ちます。アロマポットやアロマ加湿器に入れてお部屋に拡散させると良いでしょう。また1,8シネオールには炎症を抑える働きがありますので打撲、火傷などには湿布剤として活用できます。頭痛、筋肉痛、肩コリなどの痛みにも役立ちます。血行不良や冷えを持っている人にも合う精油です。
ローズマリーは強壮系の精油なので精神的には気分を高揚させることに役立ちます。眠気がある時、頭がぼーっとしている時など、頭をスッキリとさせ集中力をアップします。ティッシュに1滴落として吸入をしてみましょう。

▲PAGETOP




セラピュアサロン ケイズケアオザティブログケイ武居ブログ エフェクティブタッチ、スタッフブログ エフェクティブタッチが受けられるサロン